« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

★…今年6冊目

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

メディアが勝手にスターに…。月刊の中間小説誌でめぼしい連載を読みつつ、なんとか話題の書を。徹底して「ナチス・ドイツ」否定を続けている現代のドイツ、2011年にヒトラーがタイムスリップして来て…という小説です。敗戦時1945年の時点の知識しかないヒトラーですが、彼を「コメディアンかものまね芸人」と周囲が勝手に思い込んだことでやがてとんでもない人気を集めてしまいます。それに一役も二役も買ったのが現代メディア。彼をコメディ番組へ出演させ、YouTubeがその演説を拡散させ、新聞はスキャンダル報道を仕掛けて逆に彼の知名度を高めるという、なんとも滑稽極まりない話が展開していきます。現代社会への風刺が効いていて、誰が読んでも面白いこと請け合いです。

1908300_1484932565072200_4220274307

2014年5月23日 (金)

★…「ニウスな夜」第40宵は「クラシック音楽の楽しみ方」でした

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

同じ作品を違う演奏で何種類も聴いてもらいましたー。等身大のニュース解説「ニウスな夜」は20日、21日で40宵を迎えました。第1宵を2012年3月14日、「今、なぜ女性宮家?」というお題でやっているので、2年を超えたところです。

これまで実にさまざまなテーマでやって来ましたが、今回は節目でもあり、「クラシック音楽の楽しみ方」というお題にしました。新聞社時代にクラシック音楽の月刊誌を起ち上げ、編集長を務めてきた私にとっては、ど真ん中のテーマ。だからでしょうか、初日には若き日にクラシック音楽について語り合った高校の同級生が来てくれました。

実際に色々な演奏を聴いてもらいながら(ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の冒頭など)、指揮者が違えば演奏はこんなに違うのだ、ということを改めて強調しました。演者による違いを楽しむ、そこに楽しみ方の鍵があるからです。その意味では名人芸を楽しむ歌舞伎や落語に似ているんですね。次回は11日(水)、12日(木)の午後7時半からで、お題は今度こそ「行き詰まる中国」でいこうと思っています。

1526474_641742279242232_68804673210

2014年5月14日 (水)

★…福井鉄道「北府」駅

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

きのうは越前市に出掛けたので、帰りは「北府(きたご)」駅から福井鉄道に乗って帰りました。高校に通っていた頃は「西武生」という駅名で、ちょっと前にソフトバンクのテレビCMに使われて話題になりました。リニューアルされた駅舎の中がちょっとした「福鉄博物館」です。


10320434_1479775708921219_778574329

10309649_1479775805587876_838387960

10339640_1479775762254547_642003069

10310518_1479775858921204_356832489

2014年5月13日 (火)

★…NHKの番組で身元判明

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

Nhk


NHKの番組きっかけで認知症の女性の身元が判明−。認知症による徘徊で保護され、身元不明のまま群馬県の介護施設で7年間介護されてきた女性(67)について、11日夜のNHKスペシャル「行方不明者1万人」が紹介したところ複数の情報が寄せられ、東京都内の男性(68)の妻と確認されました。

この番組、私も録画で見たのですが、身元判明が遅れたのは、女性が自分の名前をハッキリ思い出せなかったからです。この女性の場合、衣服などの持ち物には名前が書かれていた分、かなり条件は良かったのですが、それでも捜索願などの情報を集約している警察の照会システムは反応しませんでした。そうなると、ちょっとお手上げですね。そして、衣類の所持品の照合も行われまいままに終わって仕舞いました。

しかし、今回の番組で具体的な情報が映像で流された結果、身元判明に繋がりました。ということは、そうした映像情報を集めたサイトを作り、全国的に情報を集約すれば、かなり状況は違ってくるはずです。サイトの構築の費用もたいしたことはなく、保護した方も写真データをアップさせるくらいの手間で済む。しかし、探している人に届けられる情報は急増します。

番組では、地域ぐるみで人命を守ろうとする釧路の取り組みも紹介されていますが、身内だけでなく、相談に乗っている警察や自治体の職員もそのサイトで情報を共有出来るようにすれば、もっと身元の特定が大きく進むでしょう。こういう仕事こそ、政府の出番だと思うのですが……。

2014年5月12日 (月)

★…福井クラシック音楽同好会例会で若い才能に出会う

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

きょうはお店の定休日。そんなこともあって、「福井クラシック音楽同好会」の第119回例会に出掛けました。例会に続いて例会コンサートがあり、今回の出演は山下千愛(ソプラノ)、笠川未知華(ピアノ)という、地元・福井が生んだ若い才能でした。いまはまだすべてが硬いという感じですが、これからの成長が楽しみな二人です。でなぜか、コンサート後の懇親会の締めに有志で合唱することになり、珍しく私も一緒に歌ってしまいました………。県内の愛好家が集う「福井クラシック音楽同好会」のオフィシャルページが(https://www.facebook.com/fukuimusic?ref=hl)先週末にオープンしています。一度のぞいてみてください。

Photo
Photo_2
Photo_3

2014年5月 9日 (金)

★…「ニウスな夜」第39宵は「政府専用機の秘密」でした

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

今回はなぜか和装、金田一耕助スタイルです!

57

この7日、8日は「ニウスな夜」39宵でした。今回はいつもとはちょっと趣向を変えて「政府専用機の秘密」というお題で、合わせて24人が参加してくれました。和装と(明治の書生風に袴を履いているのですが、金田一ではなく、「柔道一直線のイメージ?」という人がいました)今回のお題の間にはなんの関係ありません(笑)。

オバマ大統領が乗ってきた「エアフォースワン」の存在が目立つため、各国が専用機を競っているイメージがありますが、実は持っている国は意外に少なく、本当の意味の要人専用機を持っているのは日本くらいです。
その政府専用機、実は航空自衛隊の輸送機なのです。天皇皇后両陛下のフランス・スペインご訪問の同行取材で一度だけ乗ったことがありますが、その時の経験も交えながら、客室乗務員が制服姿の自衛官であることなど、ちょっと面白い話をしました。

「ニウスな夜」も早いものでスタートから2年が経ち、もう40宵です。次回は21日(水)、22日(木)の午後7時半からで、お題は「行き詰まる中国」にしようかと思っています(変更の可能性ありありです!)。

2014年5月 5日 (月)

★…カントリー&ウエスタン「STATION WAGON」デビュー!

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

店でのライブが増えてきているのですが、4日の夜は、カントリー&ウエスタンの「STATION WAGON」のライブでした。「STATION WAGON」は鯖江をベースに誕生した中年おじさん4人のバンド。メンバーは広田芳裕(Banjo)、丸岡徹(Guitar / Fiddle / Vocal)、番匠功(Bass / Vocal)、竹内邦彦(Flat Mandolin / Dobro Guitar / Guitar / Vocal)。活動歴の長い、いずれ劣らぬベテランたちが集まって新たなバンドを結成、この夜が記念すべきデビューのステージと相成りました。今回はカントリー&ウエスタンのど真ん中のプログラムで堂々の演奏。想像以上に上手で、これからの活躍が実に楽しみです。


2014年5月 1日 (木)

★…また、韓国の情報操作です

                                                   https://www.facebook.com/BarStation

 

オバマ大統領の米韓共同会見での慰安婦問題をめぐる発言が話題になっています。そこで大統領の発言の中の、日韓関係に触れた部分の原文を見てみました。


Finally, with respect to the historical tensions between South Korea and Japan, I think that any of us who look back on the history of what happened to the comfort women here in South Korea, for example, have to recognize that this was a terrible, egregious violation of human rights.  Those women were violated in ways that, even in the midst of war, was shocking.  And they deserve to be heard; they deserve to be respected; and there should be an accurate and clear account of what happened.

よく見てください、ビックリです。オバマ大統領は「Sex Slaves(セックススレイヴ)=性奴隷」ではなく、「comfort women=慰安婦」という表現を使っているんです。これは何を意味するのか? つまり、米国は、韓国の主張を(強制連行されたという虚構です)認めているわけではないということです。もし日本の強制性を認めているだとしたら、ここは「Sex Slaves」という言葉を使うはずですから。大統領の発言には《ここ韓国で売春婦たちに起きたことは、実に酷い人権侵害だと認めなければならない。彼女たちの人権は戦争中であることを考えても、衝撃的な(shocking)形で性暴力を受けた(violated)》というくだりがありますから、大統領は「売春自体がもう人権侵害なのだよ」という感覚なのでしょう。だから、その人権侵害について日韓で話し合ってくれ、と言っているに過ぎません。なのに韓国はまた話をすり替えて、米国があたかも慰安婦問題について韓国の主張を全面的に認めているような印象付けを行っているわけです。参りますね……。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ