« ★…綾野剛二題 | トップページ | ★…「真夏のオペラ」のプログラムはこれだ! »

2013年7月 2日 (火)

★…「真夏のオペラ」まで1ヵ月!


 日本のオペラ界を代表する歌手4人を集め、8月にコンサートをやることになりました。テノール、あるいはソプラノだけのコンサートはたくさんありますが、それでは歌えるレパートリーが限られてしまいますよね。しかし今回は、ソプラノ、メゾ・ソプラノ、テノール、バリトンという4つの声が揃うので、オペラの名アリアが一晩でたくさん聴いてもらえます。その意味では、オペラの魅力をギュッと凝縮したコンサートです。なんとも贅沢なコンサート、名付けて「真夏のオペラ」です。

 まあ、それだけの中味なので、その素晴らしい歌声を堪能してもらうため、会場もハーモニーホールの大ホールを押さえました。今年、福井で行われる声楽のコンサートで最も上質で、最も熱く、最も楽しいコンサートと、胸を張って断言します。公演は8月11日午後6時から。チケットは全席自由4000円で(学生さんは半額!)、ハーモニーホール・チケットセンター(0776・38・8282)、松木屋プレイガイド(0776・52・5522)、響のホール(0776・30・0086)などでお買い求めください。もちろん…、バー・ステーション(0778ー51ー3557)でも売っています。

 出演してもらうソプラノの田中三佐代さん、メゾ・ソプラノの坂本朱さん、テノールの水口聡さん、バリトンの泉良平さんの4人は、新春のNHKの「ニューイヤー・オペラ」の常連です。特に水口さんはウィーン在住の方で、ヨーロッパと日本を行ったり来たりで、日韓ワールドカップの開会式などで国家を歌ったり、新しいローマ法王の就任を祝うオーストリアのミサでも歌っています。坂本さんも注目されるオペラの公演への出演が続いていて、日本では「カルメン」といえば坂本さんといった感じですね。また、椿姫の「乾杯の歌」では、鯖江オペラ塾の合唱団の皆さんが共演します。

 オペラの代表的なアリア(劇中歌、聞かせどころ)を集めています。椿姫の「乾杯の歌」、カルメンの「ハバネラ」、蝶々夫人の「ある晴れた日に」、サラ・ブライトマンがポップス調にして歌っているルサルカの「月に寄せる歌」………。皆さんがどこかで耳にしたことがある曲が集まっているので、オペラに詳しくない方でも、充分に楽しんでもらえると思います。

« ★…綾野剛二題 | トップページ | ★…「真夏のオペラ」のプログラムはこれだ! »

音楽と音楽家という不思議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/52307297

この記事へのトラックバック一覧です: ★…「真夏のオペラ」まで1ヵ月!:

« ★…綾野剛二題 | トップページ | ★…「真夏のオペラ」のプログラムはこれだ! »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ