« ★…赤星住職との再会 | トップページ | ★…綾野剛二題 »

2013年6月23日 (日)

★…やっぱり、楽しい駅弁との出会い


 さて、旅と言えば、やはり駅弁を忘れるわけにはいきません。いつも可能な限り食べるようにしています。今回は3種類。まずは福山から荒尾に向かった時に「ままかりの押し寿司」と「あなご弁当」、久留米から佐世保に向かった時に「焼麦(シャオマイ)弁当」を食べました。



 「ままかり」はニシン科の小魚ですが、あまりにおいしさので手元のご飯を食べ尽くしてしまい、隣の家からご飯(=まま)を借りて来ることになるといったところから、この名前が付いたと言われていますね。ご飯に岡山県産の朝日米を使い、炊飯に東粟倉・後山の天然水を使っているというのが、今回買った岡山「瀬戸乃屋」の自慢です。通常は8切れ入ですが、今回は半分の4切れ入(525円)にしました。素材を生かすためか寿司飯の酢も薄味です。

 それと一緒に食べたのが、広島「浜吉」が出している「あなごめし」でした。瀬戸内沿線では各社からあなご物が出ていて、一本物の穴子を二本並べて「夫婦(めおと)あなご」としているものもありますが、それらは食べたことがあるので、今回は焼あなご系を探しました。それで出会ったのがこれです。蓋を開けると至ってシンプルで、ご飯の上に一口大に刻まれた焼きあなごがびっしりと乗っています。外側のカリカリ感、中のふっくら感がしっかり出ていたし、汁のご飯への染みこみ方も秀逸。付け合せの漬物もしっかりとした味で、1100円にも納得です。


 さて最後、鳥栖「中央軒」から出ている「焼麦(シャオマイ)弁当」です。シュウマイは「焼売」という時を当てることが多いのですが、中央軒はこちらは「焼麦」の字を当て、読みも「しゃおまい」となっています。それもこれも、長崎中華料理専門店の指導を受けて1956年(昭和31年)年に生まれたとされる佐賀・鳥栖のシュウマイが、一時は「東の横浜・西の鳥栖」と呼ばれた存在感をいまなお持っているからでしょう。


 弁当は正方形で、下半分が味付け御飯「かしわ飯」です。その上半分に錦糸卵、下半分に鶏そぼろが載っています。それに大きめのシュウマイが6個入っています。横浜・崎陽軒の「シウマイ弁当」をいつも駅弁のベスト3に必ず挙げてきていますが、崎陽軒の「シウマイ弁当」がご飯を含めて具材がどれも硬い食感で統一されているのに対して、こちらは反対に柔らか系で統一されています。崎陽軒の方は750円、こちらもボリュームたっぷりで700円。その価格帯でこれだけレベルの高い駅弁が揃うのですから、これからも駅弁探しは止められませんね。

« ★…赤星住職との再会 | トップページ | ★…綾野剛二題 »

旅して候」カテゴリの記事

街では色々…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/52226586

この記事へのトラックバック一覧です: ★…やっぱり、楽しい駅弁との出会い:

« ★…赤星住職との再会 | トップページ | ★…綾野剛二題 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ