« ★…福鉄新型車両「フクラム」 | トップページ | ★…徳山の後は福山へ »

2013年6月16日 (日)

★…今年もコンサートの仕事で周南へ

 きのう土曜日から、プロデューサーを務めるコンサートの仕事で山口県周南市に出張っています。きょうのコンサートも盛りだくさんでしたが(コンサートの様子はこちら)、成功裏に終わってホッとしました。

 周南市は元の徳山市で、戦前は旧海軍の燃料廠があり、戦艦「大和」以下の沖縄特攻部隊が最後に燃料を補給したところです。そして沖合の大津島には、人間魚雷「回天=かいてん」の訓練基地がありました。「回天」は、太平洋戦争末期に追いつめられた旧海軍が生んだ最初の特攻兵器で、人間が操縦してそのまま敵艦に体当たりする兵器です。大津島には現在、周南市教育委員会が管理運営している記念館があり、「回天」に載った戦没者の名を刻んだ烈士石碑があるのです。コンサートで毎年この街を訪れるようになってもう8年。一度行きたいと願いながら、うまく時間が合わず、なかなか行けないのです。

 ところが……。コンサートを終えて広島・福山へ移動しようとタクシーで駅に向かっていた時、大津島行きの船の乗り場に実物大の「回天」が飾ってあるのを偶然見付けたのです。説明によると、映画「出口のない海海」の撮影のために製作されたレプリカとのこと。「出口のない海」は横山秀夫が一連の警察小説を手がける前の作品で、映画は海老蔵が主演してました。


 靖国神社の「遊就館」に展示されている「回天」を見た時はそれほど感じなかったのですが、今回改めて見てみると、えらく細く小さいなあ、ということです。あの狭い艦内にじっとしていると想像するだけで、私なら気が狂いそうです。それで大海原の中に漂うのですから、乗り組んだ人間の覚悟のほどが痛いほど伝わってきます。

« ★…福鉄新型車両「フクラム」 | トップページ | ★…徳山の後は福山へ »

旅して候」カテゴリの記事

街では色々…」カテゴリの記事

コメント

5月に呉に用事でいって、
ついでに、大和ミュージアムで
色々みて来ました!
天回もあったような
海軍工廠って凄い技術力だったんですね
現在まで存続してたらNASAに
負けてなかったですかね?
7月の26*27に敦賀で海上自衛隊の展示訓練
有ります!行ってみたいと思います。
乗船券当たるかな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/52110665

この記事へのトラックバック一覧です: ★…今年もコンサートの仕事で周南へ:

« ★…福鉄新型車両「フクラム」 | トップページ | ★…徳山の後は福山へ »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ