« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

★…「ニウスな夜」第20夜は「知ってる? 日本の農業力」をやりました


 このところお客さんが増えてきたような気がしています。29日、30日にやった「ニウスな夜」第20夜は「知ってる? 日本の農業力」をやりました。日本の農業というと、TPPへの参加で全滅してしまうようなイメージがありますが、調べてみると、これがなかなかの力なのです。

 例えば、農業生産額は、農林水産省の2009年の数字で総額8.5兆円で、中国、米国、インド、ブラジルに次いで世界第5位、先進国の中では米国に次いで第2位の規模です。コストが高いのだから日本の生産額が多いのは当たり前という人もいると思います。しかし、FAO(国際連合食糧農業機関)の統計資料「FAOSTAT」でも、日本は2009年の時点で第9位。先進国の中では英国と並んで、堂々の第6位なのです。一方、生産量でも、ほうれん草3位、イチゴ6位、キュウリ7位、リンゴ14位、ジャガイモ19位にいます。




 もちろん、日本がTPPに参加、関税が撤廃されることで、苦しい立場に追い込まれる分野もあります。砂糖産業、酪農…。そういった分野は、海外の安い製品に太刀打ちできないでしょう。しかし、それはそれ。そうした分野を担ってきた人たちの生活が状況の激変で破壊されないような国の支援は必要ですが、それが農業すべてが凹むということを意味しません。農協は関税の撤廃で、海外産の米が怒濤のようになだれ込んでくる、だから日本の農業が崩壊するという話を撒き散らしていますが、米についても、実際にどこが日本へ輸出攻勢をかけてくるのか、調べれば調べるうちに疑問が沸いてきます。

 輸出してきそうなのは四カ国ですが、世界最大の米の輸出国であるタイは国内での米の買い上げ価格が上がったことで輸出が鈍化。それだけでなく、コシヒカリの生産はタイ国内の消費を賄えていないと伝えられています。また、オーストラリアも灌漑設備の整備にコストが掛かりすぎるということで稲作は敬遠され始めています。米国も国内の需要でていっぱい。残るは中国で、TPP参加が急に浮上してきましたが、実際に加盟できるかどうかは未知数です。それらを考えると、農協の話をおいそれと信じるわけにはいきません。



 関税について言えば、野菜は現状でも3%ほど。花は%つまり、現状でも海外製品と戦っているわけですから、TPPで関税の壁がなくなるということで輸出にも弾みが付きます。しかも、日本の野菜も花も高品質ですから、高価格帯への売り込みが見込めるところも強みです。こういうことが解ってくると、日本の農業はやり方次第で逆に大きく伸びそうという感じです。問題はこれから浮上してくるアイデアの邪魔になっている古い時代の規制を取り除いていくことです。政府の本気度も、それへの取り組みで解ります。

2013年5月24日 (金)

★…「ニウスな夜」第20夜は「知ってる? 日本の農業力」をやります


 次回の「ニウスな夜」は、29日(水)、30日(木)、いつも通り午後7時半から行います。今回のお題は、「知ってる? 日本の農業力」です。

 目下、TPP(環太平洋パートナーシップ)参加の是非をめぐり、日本の農業が壊滅的な打撃を受けるといったニュースが飛び交っています。農協が言うように、農業は本当に破綻してしまうのか…。

 それを議論する前に、我々は日本の農業がどれくらいの規模で、どんな力を持っているのか、それについてもう少し知っておく必要があります。今回は、日本の農業をめぐるさまざまな数字を拾い集め、その本当の姿を探ります。

 内容は両日とも同じです。都合の良い日に参加してください。話を聞く前に食事を摂りたい方のため、18時半から特製ライスカレー(800円)を用意します。

2013年5月21日 (火)

★…オスプレイの完成が迫ってきました


 格闘中の「オスプレイ」のプラモデルは、パテ埋めなどの作業が終わり、ようやくボディ全体の仕上げが終わりました。1/48という大きなサイズなので(飛行機のモデルは1/72というのが多く、最近では1/144のサイズがブームです)、当然ながらパテ埋めの面積も多く、それらを磨いてきれいな面を出すのはちょっと大変な作業でした。それが終わり、塗装の前のサーフェサーの吹き付けが終わったので、あとは同時並行的に続けているエンジンとプロペラの作業を急いでいます。

 ところが、このプロペラ、その仕上げに時間が取られています。というのも、黒いプロペラに白いラインを入れないといけないのです。製品には細い線のデカールが(水に浸して貼るシールですが)付いているのですが、これが駐沖縄仕様にすると、線の太さが実物よりも太いように感じるのです。それで塗装することにしたのですが、これがまたライン以外の部分をマスキングしなければならず、それが上手くいかなかったりでやり直しが続いて、予想以上の手間が掛かっています。

 とはいえ、ここまでくればゴールも間近。プロペラを取り付けるエンジンの方は汚し塗装なども済ませてあるので、5月中にはなんとか完成にこぎ着けられるのではないかと思っています。それにしても、このずんぐりとしたボディは独創的です。「オスプレイ」は、猛禽類(もうきんるい)の鷹(たか)の仲間である「ミサゴ」という種類の鳥の名前と説明されていますが、鷹というよりも、私の印象では、フクロウのようなイメージです。

2013年5月18日 (土)

★…鯖江ロータリークラブで「TPP」の話を


 17日の金曜日、鯖江ロータリークラブでまた話をしてきました。「女性宮家」、「尖閣問題」の話をしたのに続いて、ゲスト・スピーカーを務めるのは今回で3度目です。この日のテーマは「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)」について、でした。私の出番である「卓話」の時間は30分。その時間の中で、21分野に及ぶ交渉の行方について触れるのは至難の業なので、話したのは、ごくごくアウトラインの話だけです。それでも初めて耳にする話もあったようで、皆さに熱心に聞いて貰えて、こちらも楽しい時間となりました。

2013年5月16日 (木)

★…オスプレイの尾翼が完成!

 全力投球中のオスプレイのプラモデルは、尾翼部分の塗装とデカール貼りが終わり、また一歩完成に近づきました。1/48というスケールなので、尾翼だけでも結構な大きさです。塗装はメーカーが指定している「ダーク・ゴーストグレー」という色を単純に吹き付けただけなのですが、青みがかった灰色です。飛行中の写真を見るともっと白い感じで、吹き付けた時は「ちょっとどうよ」という感じでした。ただ、遠くから写真を撮ると光線の関係で白っぽく映るようで、地上駐機中の機体を近くから取った写真を見ると、こんなもんか、という感じです。駐沖縄の部隊は、第265中型垂直離着陸機中隊「ドラゴンズ」なので、尾翼に「竜」の文字が躍ります。作ることにしたのは、その5番機。「05」という表示が入ります。やれやれ、もう一息です。

2013年5月14日 (火)

★…オスプレイに全力投球中です!


 このところ、ブログの記事をなかなか書く時間がありません。それもこれも、時間が許す限り、沖縄に配備された米国のヘリコプター「MVー22オスプレイ」のプラモデル製作に全力投球しているからです。

 このプラモデル、この1月に新聞社時代の後輩が早期退職の挨拶にやって来た時に手土産としてプレゼントしてくれたものです。しかも、沖縄に駐留する米国の海兵隊バージンという限定版をわざわざ入手して持って来てくれました。そんなこともあって、早く作って後輩に見せようと意気込んだまでは良かったのですが、なにせこの冷春でなかなか温かくなりません(寒いとプラカラーの乗りや乾燥が悪く、発色がもう一つなのです)。それで延び延びになっていました。それが………。5月に入って晴天の日が急増してきたので、勇んで製作を始めたのです。ところが、まだ完成にこぎ着けないでいます。

 この商品、「イタレリ」という、イタリアの有名なメーカーの製品名ですが(ここんちからは1/72、1/48の2種類が発売されているのですが、作っているのは1/48の方です)、ほんのちょっとですが細かいところの「合い」が悪いのです。つまり、接着面の合いが微妙にずれているということです。そうなると、その段差をパテなどを盛って修正しなくてはいけません。そういった作業は結構手間を喰います。それで予想以上に手間取っているのです。

 ただ、この週末で細かい塗り分けが続いたコックピットが完成(シート、シートベルト、シートベルトの金具、メーター類、フットペダルなどを塗り分け、塗装のハゲなどを加えてそれなりに使い込まれた感じを出す)、同時にキャノピー(風防、つまり窓ですね)の枠の塗り分けが終わったことで、峠を一つ越えました。ここから先はボディーの組み立てなどを急ぎ、一気に完成に持っていくつもりでいます。もうしばらくで、完成した姿を披露できると思います。もう少し時間をください。


 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ