« ★…後輩の門出 | トップページ | ★…歯科医師会で尖閣問題 »

2013年1月13日 (日)

★…またも松山、温泉三昧


 11日は朝から松山に出掛けました。プロデューサーをしているコンサートのためです。

 今回のコンサートは、愛媛県美術館で行われている「文人画」を集めた美術展と連動した企画でした。コンサートにはNHK交響楽団の首席チェロ奏者の木越洋さん、ピアノの上杉春雄、ギターの鈴木大介さんを起用(コンサートの様子はこちら)、現地で待ち合わせました。

 ところが…。余裕を持って鯖江を出て「ゆ〜遊」で朝風呂に入ったまでは良かったのですが、羽田から松山に行く飛行機がなんと1時間近く遅れてしまいました。着いてみると、その前の便の操縦席にヒビが入り、それが折り返せなくなっていたことが解りました。そう、続いているボーイング787の故障の一つです。

 それでも午後に松山に入れたので、まずは借りておいたスタジオに直行、アーティスト3人で合わせをしました。その後、美術館の開館を待ってロビーで実際に音を出してサウンドチェック、そして、それを終えて関係者一同で和食屋に出掛けました。福井も肴は旨いのですが、瀬戸内の肴も格別です。そして、シメはやはり道後温泉でした。朝風呂を浴びたので、この日二度目の温泉ですが、やはり何度入ってもいいもの。「温泉に毎日浸かることが出来る人間とそうでない人間は寿命が違うのではないか」とは、木越さんの弁です。



 そんなわけで、翌日も早く目覚めたので、朝食を取ってからまた温泉です。今回は有名なあの建物の方ではなく、街がやっている新しい方の「椿の湯」という総湯に行ってみました。そしてその後、護国神社へ。敷地内には松山にあった歩兵第22連隊の忠霊碑などが点在しているのですが、中心になっている22連隊は沖縄防衛戦で玉砕している連隊です。こういう人たちが防波堤になって日本が残ったことを忘れてはいけません。





 続いて、タクシーの運転手さんから神社近くにロシア人墓地があるというのでそこを訪ねました。日露戦争の間、捕虜になったロシア軍の兵士たちは日本各地に作られた収容所に収容されたのですが、松山にも収容所があり、そこで帰国適わず亡くなった人たちの墓地です。行ってみると、近くの学校の生徒たちがボランティアで掃除に来ていました。偉いですね、子どもたちは。朝からすがすがしい気持ちになりました。



 今回はコンサートは午前と午後の2回でした。どちらも200人を超える人が集まり、とても喜んで貰えた幸せでした。その満足感に浸っていたのですが、飛行機の時間まで余裕があるとうことで、木越さんの提案でみんなでまた温泉に行くことになりました。2日目もまた2回も湯に浸ることになるとは…。しっかり暖まった足で、大阪に向かう飛行機に乗る私だけが先に現場を離れましたが、今回は温泉三昧の旅でした。

« ★…後輩の門出 | トップページ | ★…歯科医師会で尖閣問題 »

旅して候」カテゴリの記事

永遠の鯖江歩兵第36連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/49356103

この記事へのトラックバック一覧です: ★…またも松山、温泉三昧:

« ★…後輩の門出 | トップページ | ★…歯科医師会で尖閣問題 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ