« ★…福井の鉄道余話[1]日本一を競った「雷鳥」 | トップページ | ★…連載:年金の話[2]国が運営しているネズミ講 »

2012年4月 3日 (火)

★…「サントラの花道」から[1]作曲家のピーク


 毎週日曜日の午後1時半から、地元の「たんなん夢レディオ」というFM局で(79.1MH)、「サントラの花道」という1時間物のラジオ番組をやっています。毎回、ひとりの作曲家にスポットを当てながら、結果として、映画音楽の名曲を紹介していく番組です。3月のジェリー・ゴールドスミス(1929〜2004)に続いて、きのう、そして次回8日の放送では、ゴールドスミス亡き後のハリウッド音楽界の大巨匠ジョン・ウイリアムズ(1932〜)という作曲家を取り上げていて、番組の方もまさに佳境といったところです。

 多い人になると100本以上の映画の音楽を書いているので、番組ではもちろんその一部しか紹介できないのですが、それでも、そういう形で音楽を聞いて、その人の作風らしきものを感じることが出来ます。また毎週、収録までに紹介する曲を選び、そして番組で話すことを調べる、という作業を繰り返していますが、その作業の中で、その人の創作のピークが浮き彫りになってきます。アカデミー賞の作曲賞を取るような名作の前後の時期には、やはりいい曲が集まっていたりと、これがまた人間らしくて面白いのです。

 ところが、ゴールドスミス、ウイリアムズには、そうしたピークがない珍しい作曲家です。今回の番組は彼の出世作となった「ジョーズ」の音楽でスタートしました。その後、彼の名声を確立した「スター・ウオーズ」、そして「レイダース」、「スーパーマン」、「ET」…と続いたのですが、どれも名作揃い。そういうアベレージヒッターなので、アカデミー賞のノミネートもなんと47回と、現役の映画人の中で最多を誇り、作曲賞は4回・編曲賞を1回受賞しています。今年のアカデミー賞でも、「タイタンの冒険」、そして「戦火の馬」でノミネートされていて、80歳を迎えてなお、その健在ぶりを示しました。

 番組の中でいつも言っているのですが、そういうことが出来たのも、やはり素晴らしい監督の出会い(=素晴らしい作品との出会い)が大きいのではないか、と思います。彼の場合も、スティーブン・スピルバーグの作品の音楽をほとんどを手がけているのです。次回の放送では1990年代以降の作品、「シンドラーのリスト」や「プライベート・ライアン」などを紹介します。ぜひ一度、番組を聞いてみてください。「たんなん夢レディオ」の電波が届かない方は、同じ時間にUstreamでも放送しているので、スマートホンやパソコンで聞いてもらえます。

 

« ★…福井の鉄道余話[1]日本一を競った「雷鳥」 | トップページ | ★…連載:年金の話[2]国が運営しているネズミ講 »

ラジオ「サントラの花道」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/44731919

この記事へのトラックバック一覧です: ★…「サントラの花道」から[1]作曲家のピーク:

« ★…福井の鉄道余話[1]日本一を競った「雷鳥」 | トップページ | ★…連載:年金の話[2]国が運営しているネズミ講 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ