« ★…「サントラの花道」から[1]作曲家のピーク | トップページ | ★…桜満開、でも鯖江で見かけない花見 »

2012年4月 4日 (水)

★…連載:年金の話[2]国が運営しているネズミ講


次回の「ニウスな夜」のため、橋下大阪市長率いる「大阪維新の会」のことを調べていると、面白いと思うことがたくさんあります。その多くが、戦後の日本で続いてきたシステムの大改革(彼らのいうグレート・リセット)についてなのですが、その中でも「年金の賦課(ふか)方式をやめる」という考え方には考えさせられます。年金自体、国会の議論の中で出ている話を聞いていると待ったなしです。店で最も聞かれる話でもあるので、年金の話も、少しずつテーマを分けて書いていきます。

まずは、グレート・リセットでも取り上げている「賦課方式」です。国際的にみて、年金制度には積立方式と賦課方式(ふかほうしき)とがあります。積立方式とは文字通り貯金と同じことで、「若い現役時代に払い込んだ金を積み立て、老後にそのお金を受け取る」やり方です。一方、賦課方式とは、「現役の人が払い込んだ金を現在の高齢者に支給していく」やり方です。で、日本はこの「賦課方式」で年金を運用しています。

ところがこの「賦課方式」がくせ者なのです。なぜかというと、大雑把にいうと「巨大なネズミ講」のような仕組みだからです。きょう年金の支払いに必要なお金、それを現役世代から集めたお金でやりくりしているのですから。もちろん、現実的には、毎月集めるお金だけでは足りないので、2004年の法改正で半分を税金で賄い、貯めてあった貯金も切り崩しながらやりくりしています。

となると、現役世代が納めた社会保険料は右から左に消えていくわけですから、自分が年金を貰う頃には、現役時代に自分が納めたお金は政府の金庫の中にはもう残っていません。では、自分の年金はどうなるか。それはまた後輩たちが負担してくれる、ということを続けていくということになっています。

つまり、この循環が続くためには、後の世代の頭数が増えていくというのが大前提です。ところが現実は? 少子化の中で、後輩の頭数が減っていきます。すると、集まってくるお金も減る…。当然、現役一人あたりの負担がドンドン重くなっていくのです。「肩車型から騎馬戦型に」という話をテレビなどで最近よく聞くと思いますが、今の時点で、現役3人で負担していた一人分の年金を、一人で全部負担しなくてはならなくなっている状況になっている、ということです。

後輩たちは、その負担にどこまで耐えられるでしょうか。やがて月給の半分が(1)税金、(2)社会保険料、(3)健康保険料などで国に納める(みんな、取られると感じてますが!)という時代になるとしたら…。しかも、払っているお金自体が自分の年金の原資ですらなく、他人にわたる年金のための負担となると…。自分の年金は誰が負担してくれるのか…。

厚生労働省が先日発表した数字では、2010年度の国民年金保険料の未納率が40%を超え、過去最悪を更新している状況です。もうみんな、年金を見限ってしまっているのです。「年金は要らないから保険料も払わない。死ぬまで自分で稼ぐ」という人が増えてきているのでしょう。ただ、それで終わらないところが、この「賦課方式」のつらいところです。

なぜか。そう、払わないといけない保険料は「自分の年金のためのお金ではなく、自分の親が貰っている年金の原資だから」です。保険料とは名ばかりで、実際はもう税金のようなものになってしまっているのです。そして、それが入ってこなくなったら、きょう支払う年金に事欠くようなことにもなりかねません。

国民年金の場合(厚生年金の基礎部分=1階部分もこれですから全員に関係しています)、保険料の積立金を切り崩していると書きましたが、2004年4月の衆議院厚生労働委員会で、
安倍晋三議員が国民年金について、現状のままだと積立金は2017年度に枯渇するという見通しを述べて衝撃を呼びました。それから10年ほどになりますが、年金問題は本当に待ったなしです。

« ★…「サントラの花道」から[1]作曲家のピーク | トップページ | ★…桜満開、でも鯖江で見かけない花見 »

年金の制度疲労をどうする」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/44752038

この記事へのトラックバック一覧です: ★…連載:年金の話[2]国が運営しているネズミ講:

« ★…「サントラの花道」から[1]作曲家のピーク | トップページ | ★…桜満開、でも鯖江で見かけない花見 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ