« 週末は知多市でコンサート | トップページ | ★…新年おめでとうございます »

2011年11月21日 (月)

★…連載:TPPは怖くない[2]本当に危ないのは製造業?


 「TPPは怖くない」という話を書き始めたところで、面白い記事に出会いました。きょうはそれをまず紹介しましょう。11月22日号の週刊誌「アエラ」に掲載された野口悠紀雄さんの記事です。野口さんは『「超」整理法』などの著書で知られる経済学者で、記事のタイトルは「崩壊するのは製造業だ」。「TPP」が語られる時、「打撃を受けるのは農業、得するのは輸出しやすくなる製造業」と、農業の被害がどれだけ出て、それをどうやって食い止めるか、という視点で語られることが多いのですが、野口さんの話を読むと、製造業にとって「TPPは怖くない」とは言えない状況らしいのです。

 野口さんは、「TPP」加盟によって得するのは製造業と言われるが、工業製品の関税障壁は既に低いので輸出メリットはあまりないと書いています。例に取り上げているのは、アメリカの車の関税。現状は2.5%という水準で、これが下がったところでそのメリットが大したことないこと、その恩恵が受けてもマーケット自体が米国にもうないこと、それよりも為替の変動の方がより大きなインパクトを持っているとしています。野口さんは文章の中で、「TPP」加盟は百害あって一利なしとまで断罪しています。

 それはなぜか。「TPP」が中国を弾き出す性格を持った経済ブロック体制であるため、中国とEUがさらに関係を深める結果、両者の間でFTA(自由貿易協定)が結ばれる可能性が高く、そうなれば、中国の工場の使う中間材には関税をゼロにしてもらったドイツ製品が、中国市場ではユーロ安も手伝って有利になり、日本は中国市場という輸出の生命線を失い、それで日本の製造業は壊滅する、というのです。TPPは日本の製造業にとって自殺行為、とまで言い切っています。

 農業について、私は「TPPは怖くない」と思っています。しかし、野口さんは、メリットがあると言われている製造業の方が危ないという、とても面白い話です。「なぜ経団連がそれを考えないのか。私は不思議でしょうがない。経済産業省の人も一体何を考えてるんでしょうか。彼らの頭はどうなってるのかと思いますね」。財界、官界に知り合いも多い野口さんがそこまで書いているのですから、これはこれで大きな問題と考えるべきです。投げ込まれた一石は、大きな反響を巻き起こすかもしれません。


« 週末は知多市でコンサート | トップページ | ★…新年おめでとうございます »

経済を知らんと欲すれば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1598508/43086338

この記事へのトラックバック一覧です: ★…連載:TPPは怖くない[2]本当に危ないのは製造業?:

« 週末は知多市でコンサート | トップページ | ★…新年おめでとうございます »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ